つかの間の、秋の夜長。

わたし、いままでの33年の人生のなかでいま一番、”毎日、必死に生きている”感じがしています。

”地に足をつけて、自然と寄り添いながら生きていく”という方針で、自分のライフスタイルをシフトし始めて、生活に関わるあらゆるものをナチュラルにする、という日々を送っています。一番の目的は、13ヶ月の息子のアトピーを治すためです。

・野菜は、ここメルボルンで採れたもの、なおかつ”organic”とされているものをできるだけ食べる。加工品も、できるだけ地産地消。

・ベースは、マクロビオティックの食事。だから、肉は食べない。魚はごく、たまに。野菜と穀物をたくさん食べる。うちは息子が、小麦粉・卵・乳製品・ナッツ類・ごま・豆乳・そば、これらすべてにアレルギーがあるので、その食材も一切摂らないようにしている。息子もさることながら、母乳を与える私もその食材のなにかを摂れば、息子のアトピーが悪化してしまう。だから基本的に、口に入れるものはすべて手作りしている。一からつくる。
ちなみに、”陰陽調和料理”の重ね煮という調理法で、毎日ごはん作りをしている。

・食器なども身の回りの”モノ”も、ナチュラルな材質のものを使うようにこころがけている。自然素材の食器やおもちゃ、竹カゴ、土鍋。そういうものを使い始めた。

・息子の食べるものには、電子レンジを使用しない。だから温めるにも、毎回、鍋で火を入れる。

・息子の前では、スクリーンをオフにしている。
スマートフォンを使わない。(ちょーボタンが押しづらい、英語しか打てない、子どものオモチャよりひどい機種を使用中。)
テレビは観ない。(ここ3年間で必要だと思ったことが無い。夫もテレビを必要としない人なので、そういう生活になった。)

・ケミカルフリーを心がけている。
シャンプーや化粧品、着るもの、掃除道具もナチュラルなものを使っている。息子の洋服はできるだけオーガニックコットンの服で、と思っていたが、とても難しい。高い。

・バルコニーでハーブや野菜を育てる。

・私とReiの食事日誌を毎日つける

・・・日本を離れて、ここメルボルンで、一気にそんなライフスタイルのチェンジをしながら子育てしていたら、わたし、頑張りすぎて、爆発してしまいました。

昨日、夫とまた大げんかをしました。息子を連れて、家出をしました。
毎日、毎日ケンカばっかり。まったくうまくいきません。
夫のすること、何もかもを憎たらしく思うようになってしまいました。

それで、ママ友のお宅に、図々しくReiと泊めてもらいました。夜中にいろいろ話しして、すごーーーく救われました。”ちょっと実家へ飛行機で”いくわけにいかないこの海外子育てのこの状況、まさに遠くの親戚より近くの他人。

そして、そんな時に、ずっと会いたかった人に出会える機会があって、すごーーーーくうれしい。初対面なのに、私のことをよく知ってくれているような人だった。友達ってありがたい!

そして、今日の午後。
私の家出の後に再会した夫が、今夜は自分がReiの面倒をみる、と珍しく自分から申し出た。かゆがるReiをかかせっぱなしにしてないかな、おっぱい無しで寝られるわけないし・・・とドアに耳をこすりつけながらバルコニーで、夫お手製、ギニーピッグが暮らしている木の箱のうえで、いまこうしてパソコンを開いている。

なんと!いきなり静かになった!
どうして?!”ママはテンパリスト”とまさに同じ状況、なぜかいつもものすごく手の焼けるのに、息子が父親の前ではまったく良い子に振る舞うという現象・・・!そうじゃない!!!あたしの前でいつももっと泣きまくるじゃないか!!13ヶ月にもなったのに、今日なんて新生児バリに30回ぐらいおっぱいせがんだじゃないか!!きー!

・・・と私、お得意の”頑張りすぎて壊れる”をやってしまったので、ちょっと、ゆるく生きていこうと誓う、北半球は秋の夜長です。

 

2 Thoughts on “つかの間の、秋の夜長。

  1. TAMAYO on 23/03/2014 at 11:00 PM said:

    私もオージー旦那と大げんか中です。32にもなって日本にいる母を思い、お母さ〜んお母さ〜んと息子を抱えて号泣してしまいました。夫は毎日ゲームばかり。すみません愚痴で。さっさと日本に帰りたいwお互いがんばりましょうね^^

    • TAMAYOさん、メッセージありがとうございます。海外在住だと、すぐに行ける”逃げ場”みたいなところがなかなかなくて、難しいですよね!どちらの街にお住まいなんですか?(^^)がんばりましょー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation