ちびっこRei

あぁ、、ずいぶんと更新しないまま日が経ってしまった。。反省。

 

Reiは昨日で生後140日。来週には5ヶ月になる。

昨日は、地域のMaternal and Child Healthcare Nurseのところへ定期健診に行ってきた。Reiの体重は常に平均より低い。5ヶ月を目前にして5050gと、ものすごく小さい。成長の折れ線グラフに記入してみると、”平均”の値で色がついた部分から大きく下回る。身長は並かと思っていたが、身長も下回っている。ナースは、4週間早く産まれたからそう考えれば問題なしというけれど、グラフを1ヶ月ずらしてみてもそれでもグラフの色がついた範囲に入らない。

アトピーで苦しむ姿もさることながら、”アトピーのせいで身体が大きくならない”と言われて以来、そのことが心配でならない。どうして??ちゃんと授乳してたくさん飲んでいるのに。母乳だけじゃ足りてないの?もう離乳食始めた方がいいの?でも食物アレルギーがあるかもしれないから、離乳食も何を食べさせたら安全なの?・・・と毎日頭のなかでぐるぐる。

折れ線グラフとか平均の値って、どうしてこんなにストレスを与えるんだろう。ReiはReiのスピードで成長してるのだ、産まれた時から体重は2倍になったのだ、ナースも問題ないと言っている、と何度自分に言い聞かせても心配でならない。

でもきっと、子供を育てていくなかで我が子を心配する気持ちっていつまでも尽きないんじゃないかと思う。私の親だって、私がこうして32歳になった今でも私のことを心配しているに違いない。だから、あんまり心配しないように・・・と思っても、それってとっても難しい。

ところでReiのアトピー。最近は身体の湿疹はおさまり、一時期よりずいぶんと良くなった。それでも顔の湿疹は数日おきに出てはおさまり、の繰り返し。

私のベジタリアン&オーガニック生活も3週目になった。今週は小麦(グルテン)なしウィーク。これまでの卵なしウィーク、乳製品なしウィークに比べ、ずいぶんとハードルが高いことに気づく。小麦って、本当にありとあらゆる食品に使われているということに改めて気付かされる。


ファーマーズマーケットで買ったグルテンフリーのミューズリ。


こちらは、ヘルスケアショップで買ったグルテンフリーの食パン。

日本ではグルテンフリーの表示をあまり見かけたことがないような気もするが、小麦アレルギーの人も多い昨今、すべてをグルテンフリーにするのがいかに大変か思いしらされる。グルテンフリーの製品を選ばなければ、パンもシリアルもパスタもうどんも蕎麦も全部NG。お菓子の類も食べられないもののほうが多いんじゃないかと思う。このグルテンフリーのミューズリも食パンも、普通の製品の2倍くらいの値段だ。ミューズリはオーツ以外のあらゆる雑穀が入っていてとても素晴らしいものだったが、400gで$13.50。高い。パンは、メインの成分は米粉。日本人にとっては米粉のパンは珍しくないしそこまで抵抗もないが、これも1斤$7.50。高い。日本でグルテンフリー生活をするのがどのくらい難しいか、、帰国の際には気をつけてみて見ることにしよう。

1週間毎に卵・乳製品・小麦を抜いてみても、はっきり言ってReiのアトピーの症状と食物との関連は図れていない。ここ2週間、以前よりはるかに改善したことは確かだが、乳製品と小麦にアレルギーがあると確信できるほどではない。

でも、この3週間での大きな発見。私もやろうと思えばベジタリアンになれる!という確信。いまは昔ほど外食もしないから、自分で食事のコントロールもできる。夫にはたまにお肉や魚を調理したり、あるいは植物性のタンパク質源を調理すれば、問題なし。そして、Reiのアトピーはともかく、私の体調はすこぶる良い。食物すべてを完全にオーガニックにするのはコスト的にも少々難しいが、出来る限りで、たとえば皮ごと食べるお野菜やフルーツはオーガニックにするとか、それは不可能なことではない。

子供を持って知ることって、たくさんある。食べ物って本当に大事。普段、忙しい生活をしていると”気をつけなきゃ”と思っていても実行するのが難しかったり、付き合いで食事する機会もたくさんある。でも、それが自分一人のためじゃなくなれば、やろうと思えばやれるということ。

おっぱい実験はまだまだ続きます・・・。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation