Tag Archives: 自然回帰

過去5年間の総決算 - what has happened to me in the last five years

先日の帰省の折、息子が赤ちゃんの頃からお世話になっている、私の実家、横浜にある『Umiのいえ 〜 いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場』を、3年ぶりに訪れました。 足を踏み入れるや否や、『おか Continue Reading →

出会い - what is “Tinder”?

タイトルこそ違えど、人との繋がり - we should be aware that we could be very lazy sometimes.に続きます。 息子が生まれてから、”オフライン育児 Continue Reading →

『縄文人の世界観』 - the world of Jomon people

縄文時代に並々ならぬ興味があるということは、これまでも何度か書きました。 私の父の出身地であり、私の先祖代々が眠る地であり、幼少の頃から私にとっての原点の場所・横須賀の観音崎。神奈川の三浦半島に位置し Continue Reading →

絶滅したくなければ、もっと丁寧な暮らしを! part 3

”女は毎月生まれかわる” - Menstrual blood controlを書いていて、自分の中での問題意識がすっかり爆発してしまったような気がします。 本来女性が持って生まれた身体性を使わずに、月 Continue Reading →

“専業主婦”願望 - ”housewife”?

私は小学生の頃、”将来の夢”について問われると、”お母さん”と答えていました。 この、”将来の夢はお母さんになること”と答えていた自分が、一体なにをイメージしていたかを思い起こしてみると、それはずばり Continue Reading →

『女は毎月生まれかわる』 - Menstrual blood control

オーストラリアでは布ナプキンが売られているのをほとんど見かけない、ということを私は前々から意外に思っていました。 ナチュラルでエコな生活大好き!なオーストラリアの人々には、もっと布ナプキンが普及してい Continue Reading →

絶滅したくなければ、もっと丁寧な暮らしを! part 2

今日のメルボルンも、春を通り越してまるで初夏のような最高の気候でした。通りですれ違った顔見知りの人に、”素晴らしい天気だね”と言ったら、”We are so lucky!”とい Continue Reading →

人との繋がり - we should be aware that we could be very lazy sometimes.

原点回帰というべきか、昔ながらのシンプルな生活様式に惹かれるようになったのは、息子のReiが生まれてからです。 facebookから距離をおいてみたり、iphoneをわざと使うのをやめてみたりと、私な Continue Reading →

こんな私が、世界を考える。

息子のアトピー性皮膚炎と食物アレルギーが発覚してからのここ1年の間、”食べ物の大切さ”、”食養生”について学んできた。 有機栽培の野菜や米といった食材を採り入れ、また小麦などを除去してもレパートリーが Continue Reading →

つかの間の、秋の夜長。

わたし、いままでの33年の人生のなかでいま一番、”毎日、必死に生きている”感じがしています。 ”地に足をつけて、自然と寄り添いながら生きていく”という方針で、自分のライフスタイルをシフトし始めて、生活 Continue Reading →

Post Navigation